忍者ブログ アクセスランキング
アキバネタ、アニメ全般に関する情報、聖地巡礼レポート等をお届けします!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、とても大事な人の結婚式に出席させていただき、式の写真をいっぱい撮ってきました。
が、なんと、その写真が入っているSDカードをズボンのポケットに入れたまま、洗濯機で洗濯してしまいました。
070620SD01.JPG


絶望先生風に表現すると、“ズガビーン”って感じです(--;
ていうか、消えてたら、マジでしゃれになりません。

普段はSDカードをポケットに入れることは滅多にないのですが、このときはたまたまカードの交換時に急いでおり、ついうっかりポケットにしまってしまいました。

洗濯が終わった後、ズボンを干して2時間くらいしてから、PCにデータを取り込もうと思い、初めてその事実に気付いたのですが、そのときときたら、もう顔面蒼白ですよ。
070620SD02.JPG
SDカードは一応、プラスチックの保護ケースに入った状態でズボンのポケットに収まっていました。
が、このケースに防水機能はまったくなく、簡単に水が入ってしまいます。


自分の撮った写真はお金では買えません。
しかも、よりによって、ものすごく大事な写真(300枚強)が入ってましたから、消えてしまったら悔やんでも悔やみきれません。
まさにプライスレスです(>_<)

このとき、2つのことが頭の中をよぎりました。

1つ目は、精密機器が水に濡れて壊れるのは、水が残っている状態で電源を入れることによるショートのためであるということ(テレビで見たような気がします)。

つまりは水に濡らしてもきちんと乾かせば、無事である可能性があるということです。
実際、リモコンが利かなくなったとき、丸い洗いして乾かしたことがあるのですが、そのときは直りました。

2つ目は、とある雑誌で様々なメモリーカードを水に濡らして、壊れるかどうかという実験において、半数以上が無事だったということ(うろ覚え)。

しかし、その時の実験は、ただ水につけただけであり、今回とは随分と条件が異なります。
今回は、洗剤、柔軟剤が入った水に入れた上、しかも脱水時に強力な遠心力がかかっています。

このように期待と不安が入り混じった状況の中、とりあえず乾かしてみることにしました。

まずはドライヤーの熱風で。
070620SD03.JPG


SDカードの中身が見えないため、水が入っているかどうかさっぱりわからないことから、この方法は15分ほどでやめました。

その後、除湿機の送風口にSDカードを貼り付けて数時間そのままにしておくことにしました。
070620SD04.JPG


果たして、SDカードのデータは無事なのか!?

なんて悠長なことを言っている余裕などないはずなのですが、ブログ掲載用に冷静に写真を撮っている自分がいたりします(苦笑)

結果はこちら。
SDカードを洗濯・・・果たしてデータは無事なのか!?その2

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 小銭なんかだと
よくやりがちですね。ドラム式乾燥機でカラカラ音がする事があります。

かつて米原潜との接触で沈没した練習船から引き揚げられたデジカメのメモリーが無事だった事例もあるので、おそらく大丈夫。
ただ、一部の洗剤は導電性を有しているので内部に残留していた場合危険です。開き直って洗浄しては?
Jon 2007/06/21(Thu)20:31:43 編集
» そんな事例があるんですか!?
それはすごいですね。

アドバイスありがとうございます。
コメントを拝見する前に乾かしただけの状態で、読み込んじゃったんですが、結果は大丈夫でした(^^)
2007/06/21 23:35
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
このサイトについて
当ブログは2007年1月7日に移転しております。
旧サイトはこちら

管理人プロフィール、連絡先等

動作確認はFire Foxにて行っております。IEでは表示がおかしい箇所があります。
ブログ内検索
記事提携サイト

akibablogbanner.gif
dannychoo.com
ストームトルーパーの中の人。ダニーさんのサイトの新着記事です。
Powered by RSSリスティング
アクセスランキング(test)

バナーリンク
ブログを登録して輪を広げよう
AX
ブログランキング・にほんブログ村へ
ゲーム

おすすめコミック

Copyright © [ ジャブローの風の噂 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログでアクセスアップ - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]